社会福祉法人 春日福祉会 春日原保育所

〒816-0802 福岡県春日原北町1丁目3番地2

開示情報

運営規定

画像をクリックすると内容をご覧いただけます。

運営規定

プライバシーポリシー

当保育所は、職員に対する個人情報の必要性及びその方法に関する教育啓蒙活動を実施するほか収集方法の見直しを行い、個人情報の適切な管理に努めます。

当保育所は、文書及びデータとして収納された各種個人情報について合理的な保管方法及び技術的な施策を取ることにより、個人情報の紛失、改竄、漏洩などの危険防止に努めます。

当保育所は、提供・収集された個人情報を幼児・職員の在籍管理、服務・保育上必要と認められること及び監督官庁へ各種届出、法律に定められるところの必要書類作成、各種募集他情報主体の利益享受及び権利の行使に必要と認められる場合など正当な目的に限り使用いたします。

当保育所は、提供・収集された個人情報を業務上の必要性及び正当性が認められる場合を除き第三者に提供することはありません。

当保育所は、個人情報の提供を依頼するときはその収集目的、提供拒否の可否を明確にし、適正に使用します。

当保育所は、当保育所発行の各種資料、ホームページ等への個人情報の使用に際しては、掲載されている方の安全に留意すると共に情報主体の方の意思を尊重し、使用制限の申し出があった時は合理的な方法、範囲で対応を行います。

当保育所は、個人情報の保護に関する法令その他の規範を遵守すると共に、本ポリシーの内容を継続的に見直し、その改善に努めます。

保育所の自己評価について

 『保育所保育指針』において保育の計画及び評価に保育士と保育所の自己評価が努力義務として示されている。「保育所は保育の質の向上を図るため、保育の計画の展開や保育士などの自己評価を踏まえ、当該保育所の保育の内容について自ら評価を行い、その結果を公表するよう努めなければならない」
 当保育所では、自己評価チェックリストを利用して各自、各クラスが項目ごと計画的に自己評価を行い、その情報を公開致します。

1、方法
  ①期間・・・令和2年4月~令和3年3月
  ②職員をクラスとフリーに分けて実施

2、評価基準
 1 (1点):ほとんど出来ていない  2 (2点):あまり出来ていない
 3 (3点):ほぼ出来ている     4 (4点):よく出来ている

3、評価内容  

 

チェック項目

第一章
総則

  1. 全ての子どもについて、一人一人の存在とその人権を尊重していますか。
  2. 児童福祉法の理念に基づき、子どもの最善の利益を考慮して、子どもの生活と健全な発達を保障する事が保育所の重要な使命だと理解していますか。
他6項目

第二章
保育の内容

  1. 指導計画を作成する時は、「保育所保育指針」を読み、参考にしていますか。
  2. 一人一人の出生時の状況、その後の発育・発達など、生育歴を細やかに把握すると共に、保護者の状況などの背景も理解していますか。
他76項目

第三章
健康及び安全

  1. 子どもの体調の些細な変化や異常に速やかに対応するために、日常的な体調や機嫌の状態をつかむように努めていますか。
  2. 地震等の災害や火災に備え、積極的に避難訓練等に参加し、非常災害時にあなたが何をしなければならないのか理解していますか。
他9項目

第四章
子育て支援

  1. その日の子どもの健康状態や興味をもった遊びなど、必要に応じてお迎え時に保護者に丁寧に伝えるよう努めていますか。
他7項目

第五章
職員の資質向上

  1. 保育士としての責務と誇りを自覚して、人間性と専門性の向上に努めていますか。
他9項目
4、評価結果
  第一章 第二章 第三章 第四章 第五章
項目 総則 保育の内容 健康及び安全 子育て支援 職員の資質向上
平均 3.3 3.2 3.2 3.1 3.1
5、自己評価をして気づいたこと(全体の保育の振り返り)

第一章
総則

  • 保育所保育指針の読みあわせをクラスでする時間を設けたいと思った。
  • 乳幼児期は、それぞれの子どもたちの大切な時期と言うことを意識して、そこに携わる者として、責任を持って保育をしていくことが大事だと思う。

第二章
保育の内容

  • 気持ちを受け止めたり、語りかけをしたりすることは大事に出来た。
  • 子どもたちのことについて、担任間で細目に話しをした。また、気になる子どもについては、職員会議等で関わり方を話し、全職員が同じ関わりが出来るようにしてきた。
  • コロナの影響で行事が殆どなかったので、子どもたちとゆっくり関わることが出来た。行事を見直す良い機会になった。

第三章
健康及び安全

  • 子どもたちの健康状態は受け入れ時に視診・触診を行い、保護者から家庭での様子等を聞き体調の把握に心掛けた。
  • 子どもの体調の変化を見落とさないよう、日頃から気を付け、違う様子が見られたら職員間で声を掛け合い、適切な対応が出来るよう心掛けた。
  • 環境整備は常に安全であるか点検をし、子どもたちにも遊具の正しい使い方を常に伝えるようにした。

第四章
子育て支援

  • コロナの影響もあり参観や面談を行う事が出来ず、保育所での様子を分かりやすく手短に伝えるのが難しかった。その為、送迎の時間を利用して細目に伝えるようにした。
  • 子どもの様子を話すときやお願いごとをするとき、保護者一人一人の今置かれている状況等を考えながら伝えた。

第五章
職員の資質向上

  • 園内研修はあるが、クラスでの勉強会があると保育観や子どもへの関わり方等の共通理解が出来るのでいいと思う。
  • 日頃から保育を振り返るようにし、その中で疑問に思ったことや上手くいかなかった事は職員会議や勉強会で投げかけていくようにすると、質の向上に繋がるのではないかと思う。また、研修に参加した際は、学んだ事を出来るだけ分かりやすく全職員に報告する。

その他の開示情報

状況報告書他決算内容表、財産目録などの開示情報については本部(春日中央保育園)のHPにて公開