社会福祉法人 春日福祉会 春日白水保育園

〒816-0846 福岡県春日市下白水南3丁目66番地

苦情受付状況

運営規定(重要事項説明書)

こちらをクリックすると拡大してご覧いただけます。

平成29年度 保育所の自己評価について

 『保育所保育指針』において、保育計画及び評価に保育士と保育士の自己評価が努力義務として示されています。
春日白水保育園では、『保育士のための自己評価チェックリスト』を利用して、各自、各クラスが項目ごと計画的に自己評価を行い、結果を元に保育園の評価を行いました。

  1. 方法

    期間・・・平成29年4月~平成30年3月

    職員を7グループに分けて実施
  2. 評価基準
  3. A(4点):よく出来ている    B(3点):ほぼ出来ている
    C(2点):あまり出来ていない  D(1点):ほとんど出来ていない

  4. 評価内容

     

    チェック項目

    第1章
    総則

    1. 「保育の目標」に基づいて、保育を行っていますか
    2. 「保育の方法」について、知っていますか
    3. 子どもの最善の利益を考慮し、人権に配慮した保育が出来ていますか

    他4項目

    第2章
    子どもの
    発達

    1. 乳幼児期は、生涯にわたる「生きる力」の基礎が培われる時期であることを理解して、保育を実施していますか
    2. 子どもの発達は、豊かな心情、意欲、態度を身に付け新たな能力を獲得していく過程であることを理解していますか
    3. 子どもの発達の特性や発達過程を理解し、「発達の連続性」に配慮して保育していますか

    他7項目

    第3章
    保育の内容

     

    1. 保育の内容は、目標を具体化した「ねらい」と更に具体化した「内容」とから構成されている事を理解していますか
    2. 「養護」とは、子どもの生命の保持と情緒の安定を図る為の援助であることを理解していますか
    3. 「教育」とは、子どもが健やかに成長し、活動がより豊かに展開されるための援助であることを理解していますか

    他97項目

    第4章
    保育の計画
    及び評価

    1. 園の保育理念、基本方針、保育課程などを正しく説明する事が出来ますか
    2. 保育課程は、保育所保育指針に示された子どもの発達や保育の内容に沿ったものとなっていますか
    3. 指導計画を作成する際は、一人一人の子どもの発達過程や子どもの状況に配慮していますか

    他18項目

    第5章
    健康及び
    安全

    1. 子どもの日々の健康状態を把握し、それを一人一人の保育に生かしていますか
    2. 身長・体重などの定期的な計測から子どもの発育状況を把握して、日常の保育に生かしていますか
    3. 身長・体重などの定期的な計測の結果や保護者に文書で伝えていますか

    他21項目

    第6章
    保護者に対する
    支援

    1. 子育てや就労を支えるために、保護者の気持ちに配慮しながら接していますか
    2. あなたは保護者が子育ての悩みや心配事を安心して話せる存在になるよう心掛けていますか
    3. 保護者からの相談内容などを、担任一人の問題にしないで、園全体で受け止めようとしていますか

    他8項目

    第7章
    職員の質の向上

    1. 園の内外における研修・研究活動に積極的に参加していますか
    2. 同僚のそれぞれの役割と、あなたが果たすべき役割とを理解していますか
    3. 自分の保育実践の内容や意図を、同僚に分かりやすく説明する事ができますか

    他4項目

  5. 評価結果

    項目

    第1章

    第2章

    第3章

    第4章

    第5章

    第6章

    第7章

    総則

    子どもの
    発達

    保育の
    内容

    保育の計画
    及び評価

    健康及び
    安全

    保護者に対する支援

    職員の質の
    向上

    平均

    3.1

    3.3

    2.7

    3.0

    3.3

    3.4

    3.2

  よくできている・・・・4点  ほぼできている・・・・3点
  あまりできていない・・2点  ほとんどできていない・1点

 

自己評価について(まとめ)

〈第一章〉

・保育所保育指針には目を通しているが、実際の保育に生かしてるかというと不十分な所があるので、よく読み込んで
 指針に添った保育を意識していけるようにしたい。
・説明部分は繰り返し読み、自分の言葉で説明できるようにする。

〈第二章〉

・子どもの発達について、子どもの発達の特性や発達過程を理解しながらその子に合った援助をし成長を引き出してい
 けるようにしていきたい。又、好奇心や探索心や思考力が養われるよう普段の保育の生活の中で、工夫しながら子ど
 も達に働きかけていくようにしている。

〈第三章〉

・養護と教育が、一体となって展開されることに理解をもって保育を行っているが、五領域における活動や体験など
 園生活の中で、充実感を味わえるように保育の内容を見直していく必要がある。

〈第四章〉

・保育課程は、保育指針に示された子どもの発達過程や保育の内容に沿ったものでなければいけないので、きちんと
 内容を理解した上で、自分の言葉で説明ができるようにするべきと感じる。
・自己評価をすることで、気付くことが多々あるので話し合う機会を多くもち反省を生かせられるようにしていきたい。

〈第五章〉

・安全面に関しては、点検や危険箇所がないか確認することや、職員間でもきちんと知っておくよう周知していくこと
 が大事なので話し合う機会を多くもつようにしている。
・食欲の推進では、子どもが栽培、収穫したものが食べられる機会がもてるよう畑を作るなどして考えていきたい。

〈第六章〉

・保護者とのコミュニケーションを通して、安心して話せる存在になれるよう良い関係を心がけていきたい。

〈第七章〉

・保育実践を通して、職員同士で話し合うことや意見交換をする場が大事なので、評価・反省ででたことを次に生かさ
 れるように努めている。又、研修会などの勉強会に参加し、知識の向上ができるようこれからも勉強をしていきたい。

その他の開示情報

現況報告書他、決算内訳表、財産目録などの開示情報については、本部(春日中央保育園)のHPにて公開