社会福祉法人 春日福祉会 春日白水保育園

〒816-0846 福岡県春日市下白水南3丁目66番地

苦情受付状況

運営規定(重要事項説明書)

こちらをクリックすると拡大してご覧いただけます。

令和3年度 保育園の自己評価について

 『保育所保育指針』において保育の計画及び評価に保育士と保育所の自己評価が努力義務として示されている。「保育所は保育の質の向上を図るため、保育の計画の展開や保育士などの自己評価を踏まえ、当該保育所の保育の内容について自ら評価を行い、その結果を公表するよう努めなければならない」
 当保育園では、自己評価チェックリストを利用して各自、各グループが項目ごと計画的に自己評価を行い、その情報を公開致します。

  1. 方法

    期間・・・令和3年4月〜令和4年3月

    職員を7グループに分けて実施
  2. 評価基準
  3. A(4点):よく出来ている    B(3点):ほぼ出来ている
    C(2点):あまり出来ていない  D(1点):ほとんど出来ていない

  4. 評価内容
     

     

    チェック項目

    第一章
    総則

    1. 全ての子どもについて、一人一人の存在とその人権を尊重していますか。
    2. 児童福祉法の理念に基づき、子どもの最善の利益を考慮して、子どもの生活と健全な発達を保障する事が保育園の重要な使命だと理解していますか。
    他6項目

    第二章
    保育の内容

    1. 指導計画を作成する時は、「保育所保育指針」を読み、参考にしていますか。
    2. 一人一人の出生時の状況、その後の発育・発達など、生育歴を細やかに把握すると共に、保護者の状況などの背景も理解していますか。
    他76項目

    第三章
    健康及び安全

    1. 子どもの体調の些細な変化や異常に速やかに対応するために、日常的な体調や機嫌の状態をつかむように努めていますか。
    2. 地震等の災害や火災に備え、積極的に避難訓練等に参加し、非常災害時にあなたが何をしなければならないのか理解していますか。
    他9項目

    第四章
    子育て支援

    1. その日の子どもの健康状態や興味をもった遊びなど、必要に応じてお迎え時に保護者に丁寧に伝えるよう努めていますか。
    他7項目

    第五章
    職員の資質向上

    1. 保育士としての責務と誇りを自覚して、人間性と専門性の向上に努めていますか。
    他9項目
  5. 評価結果
      第一章 第二章 第三章 第四章 第五章
    項目 総則 保育の内容 健康及び安全 子育て支援 職員の資質向上
    平均 3.6 3.1 3.4 2.9 3.2

  よくできている・・・・4点  ほぼできている・・・・3点
  あまりできていない・・2点  ほとんどできていない・1点

 

令和3年度 自己評価についてのまとめ

第一章
総則

  • 保護者、子どもとの信頼関係を築くことを心がけながら、一人ひとりの育ちに合ったニィーズを見つけ保育をすることを大切にしている。又、子どもの家庭環境を含めて、一人ひとりの情緒安定に繋がるように職員間で共有し、連携して支援していけるようにしたい。

第二章
保育の内容

  • 子どもへの対応など保育の中で、「これでよい」と思っていてもその配慮でよいのか、悩むことがある。だが、子どもの気持ちに寄り添って保育が出来るようにまずは、保育者自身が気持ちに余裕をもって、丁寧な保育を心がける事やクラスで、話し合いをもち、子どもの姿から興味、関心に合わせて保育に取り組むこと、反省、評価をもとに見直しながら、これからもより良い保育が出来るように努めたい。

第三章
健康及び安全

  • 園で流行している病気等を貼りだし、保護者に情報を伝えていけるようにしている。
  • 午睡時の安全チェックは、未満児だけでなく、以上児であっても大切なので顔色や様子が見えるようにし、見て周るように今後も続けていきたい。
  • アレルギーに関して、保護者との面談を行い、共通理解のもと提供するうえで、延長保育、土曜保育で合同保育もあるので、全職員が把握できるよう定期的に話し合っている。

第四章
子育て支援

  • 新型コロナウイルスの影響で、行事等の見直しの中、保護者の参加ができなかったりしたが、保育園での子どもの様子を伝えたりすることで、成長を共に喜びあえるように心がけていった。
  • 保護者の子育て不安に、助言が出来るよう日頃からコミュニケーションをとり、良い関係を築いていきたい。

第五章
職員の資質向上

  • 園内研修を行い、お互いの保育や子どもの様子など話し合いながら保育の質の向上につながるようにしていった。又、日々の保育の反省をしっかり行い、色々なことに気付いていけるように今後も努力していきたい。

アンケート結果

アンケートの集計ができましたのでお知らせ致します。92%回収率です。
方法:令和4年3月22日~3月30日に保護者対象アンケートを実施
回収方法:アンケート用紙にて回収

項目 非常に優れている 優れている 適切である 努力を要する
1.子どもは保育園に行くのを楽しみにしている。 71% 22% 7% 0%
2.子どもたちは安心して自分の思いをだし、元気に遊んでいる。 71% 22% 7% 0%
3.友だちと一緒に遊んだり、友だちの遊びに刺激を受けたりして共に過ごすことの楽しさを味わっている。 75% 22% 3% 0%
4.様々な物事に関心を示し、知的好奇心や思考力、感動する心などが育ってきている。 68% 28% 0% 0%
5.遊びや集団生活に必要な決まりを知り、守ろうとする態度が育ってきている。 47% 39% 13% 1%
6.子どもは遊びの楽しさや達成感を味わい、自信を持って行動できるようになってきた。 53% 39% 8% 0%
7.集団の中で一人一人の子どもが自己を発揮し、互いに力を生かしあいながら共に喜び合う様子が見られた。 44% 41% 11% 4%
8.保育園の子どもたち一人一人が大切にされている。 61% 27% 9% 3%
9.人に対する信頼感や思いやりの気持ち、自己抑制力などが育って来ている。 45% 43% 11% 1%
10.子どもたちは家族や近所の人、職員などによく挨拶をしている。 28% 49% 22% 1%
11.子どもはしっかり体を動かし、体力が向上したり、たくましさが育ったりしてきている。 67% 26% 6% 1%
12.生命の尊重する心や自然を大切にする気持ちが育つような取り組みがされていた。 47% 41% 8% 4%
13.保育園は一人一人の幼児の育ちを保護者に伝えている。 56% 40% 2% 2%
14.保育園は保護者が子どもたちと関わる機会を作り、乳幼児の発達などに気づく機会を作っている。 28% 35% 21% 16%
新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策での行事の縮小や中止があり、姿として見れなかった。
15.保育園は悩みや相談に親身になって対応してくれる。 45% 44% 11% 0%
16.保育園からのおたよりや掲示などの情報で、保育園の様子がよくわかる。 42% 36% 18% 4%
17.保護者同士がよく挨拶し、親しく交流できている。 20% 42% 32% 6%
18.保育方針や指導の重点は乳幼児や家庭・地域の実態に合ったものだと思う。 38% 41% 19% 2%
19.保育園は保育目標や指導の重点についてわかりやすく伝えている。 40% 35% 21% 4%

その他の開示情報

現況報告書他、決算内訳表、財産目録などの開示情報については、本部(春日中央保育園)のHPにて公開